トライアルのダウンロード
41.5 MB .exe インストーラー

ユーザーの声

コード自動訂正

Visual Assistがケアレスミスを修正。シンボルの大文字/小文字の区別、ポインタ表記の誤りを訂正。すべて小文字で入力しても、Visual Assistが正しい大文字/小文字表記に修正してくれます。シフトキーを用いれば、独自の定義も保存できます。

ドット (.) を -> に変換

ポインタ型記法が必要な場所にドット (.) を入力すると -> に変換

C/C++でポインタ変数のうしろにドット (.) を入力すると、直ちに -> に変換されます。

Type dot where you need pointer notation, and get pointer notation


出力ウィンドウでファイルを強調表示

ソリューション内でエラーが見つかったファイルをビルド後に強調表示。解決するべきファイルの特定が容易になります。

Add standout after a build to the files in your solution


対になる {} と () を強調表示

トークンのペアを強調

対になっている {} または () の最も内側でマッチングする要素を、太字とオフセットカラーで表示します。

Add emphasis to matching tokens


対にならない {} と () を強調表示

対にならないという注意喚起

対にならない {} または () を太字とオフセットカラーで表示します。

Call attention to mismatching tokens


大文字/小文字の修復

すべて小文字で入力可能

覚えている名前の一部をすべて小文字か大文字/小文字の両方の組み合わせで入力しても、Visual Assistが現在のコンテキストに有効になるように、シンボルの大文字/小文字を修復します。あとはキャメルケースで定義と宣言を入力するだけです。

Type entirely in lowercase


スペルミスに下線表示

文字列やコメントもスペルチェック

入力中でも、バッチモードでも、コメントや文字列のスペルミスを認識し、修正。誤字・脱字の下にお馴染みの波線を表示させます。波線は校正ファイルにのみ表示されるので、波線を気にせずにコードを閲覧できます。

Check spelling in strings and comments

Visual Assistから提案されたスペルを受け入れます。

Accept corrected spellings from Visual Assist

Visual AssistにはU.S. English (en_US) 辞書がインストールされていますが、他の言語の辞書もダウンロードしてインストールすることができます。

Teach Visual Assist to recognize additional words


未定義のシンボルに下線表示

Microsoft Visual Studio 2008以前のバージョンを使用している場合や、IDEが提供する下線の精度に不満がある場合、Visual Assistを使用することで、未定義のシンボルや文脈を無視して使用されているシンボルに下線を表示することができます。下線はファイルの校正時にのみ表示されるため、波線を気にせずコードを閲覧できます。

let Visual Assist underline symbols that are unknown or used out of context