1. Visual Assistのインストール

  1. Visual Studioをすべて終了させます。
  2. Webサイトからダウンロードした.exe形式のインストーラーを実行します。
  3. インストールしたいIDE(複数選択可)を選びます。
  4. Visual Studio 2017を選択した場合には、必要なコンポーネントもインストールします。

2. Visual Studioの起動

「今日のヒント」では、Visual Assistのコンポーネントやコマンドについて学ぶことができます。

Tip of the Day

3. ソリューションを開く

Visual Assistは、解析が完了すると利用可能になります。

Parsing

4. 環境の確認

[VAssistX]メニューを開きます。このメニューでは、ツールウィンドウの表示、キーボードショートカットの確認、オプションダイアログの表示などを行います。

VAssistX Menu

Visual Assistは、開発者のUXを維持するため、控えめなUIにとどめています。目に見える変化はごくわずかです。

Visual Studio after installation of Visual Assist

5. 設定の変更

構文カラー表示をカスタマイズしたいときは、Visual Assistのオプションダイアログを開き、より多くのUI項目にカラー設定を適用できます。

Visual Studio after installation of Visual Assist

現在の行を強調表示したいときは、コードを隠さない細いフレームを選択します。

Option for thin frame

次に、Visual Studio側のオプションダイアログを開き、ナビゲーションバーを表示しないようにします。Visual Assistバージョンにも、ナビゲーションバー機能が用意されています。

Disable built-in navigation bar

以上の変更により、Visual StudioでVisual Assistが利用できるようになりました。

Visual Studio after making popular changes

6. ショートカットを使う

Open a dialog of new keyboard shortcuts by selecting [VAssistX | Help | Keyboard Shortcuts]メニューを選択して新しいキーボードショートカットのダイアログを開きます。コマンドの上にマウスカーソルを合わせると、説明が表示されます。

Keyboard Shortcuts

推奨のショートカットを使用します。グローバルスコープでのShift+Alt+Oなどのショートカットは重要です。

Recommended Keyboard Shortcuts

次の「使い方」情報「機能トップ10」ページでは、ショートカットの使い方を学習できます。

7. オプションダイアログで機能を確認する

Visual Assistのオプションダイアログを開き、ワークフローに適した機能を確認してください。ダイアログに表示された機能の設定項目にマウスカーソルを合わせると、説明が表示されます。

Options Dialog

8. 任意のダイアログからドキュメントを参照

Visual Assistの任意のダイアログで[?]アイコンをクリックすることで、 より高度な使用法を知ることができます。

Dialog Help Icon

9. 詳細情報

Visual Assistをさらに使いこなすには、オンラインリソースをご覧ください。

Tutorial Thumbnail

10. 最新情報は...

Whole Tomatoのソーシャルメディアをフォローしてくださ。新しいビルドがリリースされた際には、「What’s New」ページもご確認ください。